fc2ブログ

風強く、波高くとも、視界は良好

大航海時代のZephyros鯖で活動するとある航海者の日記

プロフィール

Sagittarius

Author:Sagittarius
大航海時代online
サーバー:Zephyros鯖
国籍  :イスパニア
商会  :『ff‐ふぉるてっしも‐』


『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

勝手にマラガ杯通信④

2時です。壮絶に眠いです。
でも旬なので今更新です…。
明日の昼間は仕事です。壮絶です。

がっつりさくっと更新です。今日は予選リーグ結果です。
はてさて結果やいかに。
ちなみにサジはAリーグマラガシリーズの運営を担当させてもらいました 
聞いてませんよね はい、すいません。

(↓これを書いてるのはすでに3時53分です…言い訳でスイマセン)
結果なんですが、運営していた手前Aリーグは実際見れた+裏情報みたいなものも多く聞けたので内容が厚いです。
ながいのでBリーグは別記事にしました。

予選リーグ結果①

Aリーグ~熱戦激戦大混戦~

aりーぐ
↑クリックで拡大します。

多くの人の予想通りここでの主役はやはり、やはりドン・マグロ提督率いる「世界経済教導隊党」!
断然の安定感・攻撃力はもはや圧巻。他の5艦隊をまったく寄せつけず、終わってみれば1隻の被害も出さず(たしか…)にストレートで1位通過を決めました。1試合の戦闘時間も短くラ・フロータ杯優勝の力をまざまざと見せ付けてくれました。誰もが「流石」と唸る強さは見るものを魅了し、決勝トーナメントでの活躍が予想されます。

その他の5艦隊はまさにお互い一歩も譲らず最終戦までどこが2位になってもおかしくないという観客沸かせ、運営泣かせの展開になりました!結果として勝ち点3p~5pまでに5艦隊全てが入るという正に大混戦!

惜しくも1pに泣いたj_t提督率いる「パンチとロン毛と時々ハゲ」が6位通過。実は直前のアクシデントがあり、メンバー変更を余儀なくされた影響もあったと思われ、万全の状況で戦えれば当然リーグ上位入賞でもおかしくなかったでしょう。2日目のトーナメントでもさらなるメンバー変更が予想されるなど逆風も吹く中、それでも明日のトーナメントでは最大限力を出し切って結果を残してもらいところです。

団子状態のなかで首の皮一枚の1p差で予選2位通過を決めたのは、な、なんとぺんぎん提督率いる「ブンブン艦隊」!ロンドン模擬デビューから約1ヶ月のこの艦隊が激戦を潜り抜け2位での予選通過の大躍進。この結果に一番驚いてるのは恐らく本人達でしょう。目標としていた一勝を遥かに越える戦績を残せたのはメンバーの息の合った連携はもちろん、必死の練習なくしては語れません。なおサジの中では先日やった僕らとの対抗戦のおかげと勝手に認識することにします。「1位トーナメントですね」の問いかけに対し帰ってきた答えは「言わないでw」最後まで謙虚な艦隊が夢の大物食いに挑戦です。

3~5位に4pで3チームが並び、1本勝負の順位決定戦までもつれ混むというアツイ展開に。3チームのリーグでの対戦成績はすべて1勝1敗。まさに力は3チームとも互角と言えるでしょう。

3つ巴の決定戦を制し3位の座を手中に収めたのはらふ提督率いる「はぐれメタル魔神斬り」!あっさり順位決定戦2戦連続で制しました。事前の練習でメンバーが揃わないなど調整がうまくいっていなかったと嘆く声も聞かれリーグ3位通過は彼らには不本意な結果といえ、けして満足いくものではないでしょう。予選1日を終えて間違いなく2日目は調子を上げてくることが予想されます。当然狙うは中位トーナメント優勝か。

決定戦を1勝1敗で終えたFozze提督率いる「うしろ指さされ隊」が4位確定!そのネーミングセンスは正にオヤジホイホイ。名づけ役の年齢が窺い知れます。2位通過をきめた「ブンブン艦隊」との親交も深いこの艦隊。順位決定戦でも大きな声援を受けての戦闘となりました。トーナメント編成でこちらも中位トーナメントへの出場を決め、条件はほぼ3位と同じ。中位トーナメント覇者は譲れない。

決定戦では残念ながら2敗となり5位に甘んじたのはちゃちゃ・まんぼ提督率いる「=TEAM=エジプト王Ⅲ」。リーグでの連戦の疲れからくる集中切れかいまいち決定戦ではキレがなく非常に苦しい展開になりました。初日の結果はともかく、危険海域の覇者は当然2日目のトーナメントで負けるわけにはいきません。待ったなしの状況の中、数多のエジプト神たちは王に微笑むか。


Aリーグ結果は以上となりました。正に大混戦。運営していても楽しくて仕方なかったです。ダントツの世界経済教導隊党を除きすべてのチームにチャンスがあったといえます。実力拮抗の中最後に順位を決めたのは運、声援といった純粋な力とは別のところにあったのかもしれません。
不束な運営でしたが、この熱戦に触れられたことを感謝したいと思います。

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]